Guitar Diary 2003.11
              Previous Next
2003年11月22日 YAMAKI YW-30W
また落札してしまった。YAMAKIのレアモデル。メイプルのギターだ。
YAMAKI解体新書の管理人さんが持っているモデル(YW-50W)の廉価版だ。
先日Guitar Art'sにYW-50W出たが見たときはすでにHOLD。すぐ売れてしまった。

増えていくギターについての云々は置くとして、このギターちょっと難ありだった。

まずは結構な逆反り。

幸いトラスロットが回ったので少し修正できた。
120度くらい回したがもっと回してもいいのだろうか。様子を見よう。

次にペグを掃除しようとヘッドから外したら4弦のペグが中で折れていた。
 
接着剤をつけた跡がある。もーーーう。
接着跡をきれいにして瞬間接着剤で付けてみたが、
ここにかかる力が大きく装着時にどうしても取れてしまう。
この部分がペグとはなれていると弦は小さいビス1つで支えられることになり、
大変不安定だ。

返品しようかと考えたがこのギターはそうは出るものではないと思うので、
文句のメールを書いた後で、ペグを買って交換することにした。

そこでいつものペグ選び。
何かほんといつもペグを買って交換してるな。3回目だ。
どこかの管理人様のようになってきた。

できればビス穴はあけたくないので同じモデルがあるか調べてみた。
ペグ裏にGのマークがあるのでゴトー製だが、ゴトーのカタログには当然このモデルはなく、
似たものも無かった。
真横にビス穴があるペグは・・・ドイツ製高級ペグ「Schaller」だ。
えっーっ1万ちょっとで落としたギターにいきなりシャーラーかよ。
本当に付くか調べるためにS・YAIRIのシャーラーを外して付けてみた。
ぴったりだ。これって喜ぶこと?

ネットでシャーラーのクロームを注文した。

ついでに色々選んだらTOTAL: $294.02。なんだかなぁ。

先週ヤフオクで中古のシャーラーゴールドが4100円で落札されてた。
3500円までは入れていたのだが・・・。
2003年11月17日 象牙サドル
象牙のサドルが届いた。



木片の台に乗せられて丁寧に梱包してあった。
見るからに硬そうで美品。2000円は安い。超お勧め。これでYMAKIの最後の仕上げをしよう。

今日初めてヤフオクで出品した。
このページを見ている方でヤフオクフリーク?の方は私が誰かわかってしまうと思うが、
まあ、これも経験ということで。
2003年11月15日 YAMAKI YW20 改造第二弾
ピックガード交換、象牙ナット作成、ペグ交換

(1)ピックガード交換
純正の黒いピックガードはどこにも剥れはなく頑丈についている。
端をプラスチックのヘラで浮かせてシールはがしを注入。徐々に剥がす。
途中トップも一緒に剥れるのではとビクビクしたが何とか剥がした。
ただし、のりが全体的に残ってしまった。
シール剥がしをしみ込ませてヘラでこすっても全くとれない。
しょうがないので親指の腹でこすると、少しずつだが取れるようだ。
小一時間かかって全部取った。両手の親指は水ぶくれになってしまった・・・。
皆さんどうやってピックガード交換してるんでしょうか?ホントに知りたいです。
跡をレモンオイルでこすってきれいにし、大和マークで買ったピックガードを張った。
ちょっと間抜けな感じ。トーティスはいいけど高いしなぁ。

  

(2)ナット作成
弦溝を削り過ぎて6弦がビビッてしまっているので
象牙のナット素材を取り寄せて万力とやすり、サンドペーパーでナットを作成した。
オリジナルをペンチで外し、同じ形になるようにやすりでひたすら削る。
思ったほど時間はかからなかった。
1200番、1500番のペーパーで表面を仕上げて成形は終了。

 
 

ナット部の弦幅が狭く弾きにくかったので、この機会に弦幅を変えてしまおう。
ちゃんと計算するか、専用の定規を使った方がいいのだろうが、
オリジナルのナットをあてて適当に弦溝を切ってしまった。
しっ失敗・・・。あきらかに2弦と3弦、4弦の幅が違う。一番大事なところで適当病が出てしまった。
ナットを外した跡ののりをやすりで取って象牙ナットを装着。接着剤は使わなかった。

(3)ペグ交換
グローバーのロトマチックをStewartMacで買った。39ドル+送料。安い。
クルーソンタイプとさんざん迷ったが結局Groverにした。昔憧れたペグだ。

 

もとのペグを外して付けてみると、はまらない!ストリングポスト穴が小さいのだ。
10mm穴だとばかり思っていたが、11/32インチだった。
ということはマーチンから外したゴトーのオープンペグがそのまま付くということだが・・・。
せっかくGroverを買ったのでどうしても付けたい。穴を大きくしちゃえ!

急遽100円ショップに行ってドリルを購入。
8セットで100円!マジかよ。精度は悪そうだがこの際使ってみよう。
手持ちの電動ドライバーは10mmまでの対応でギリギリセーフ。
10mmのドリルを付けて易々と穴を大きくした。 マーチンには絶対できないけど。

 

みなさーん、外国製のナットはミリではないですよ。8mm、9mm、10mmどれも合いません。
私はミリのスパナセットを買って失敗した。モンキーレンチの小さいのが便利。

一応完成した。大きい画像はこちら
3、4弦が離れているというのは意外と弾きやすい、などと気休めを言ったりして。
いや、ベース弦とメロディ弦が離れているというのは新しい発明かも!



改造を終えて肝心の音は?
良くなっているに決まってるでしょ!こんなに金と手間をかけたんだから!

本当の話、音は良くなった。反応が早くなり小さいアタックを拾うようになった。
変更した弦幅もかなり良かった。
フレットの弦当たりがずれる事で弾きにくくなるかも知れないと思ったのだが、
実際には全く問題なかった。

26年前の2万円のギターに何でこんなに金かけるの?
と自分に問い掛けているのだが、全くわからない。まあ病気でしょう。

来週象牙のサドルが届くのでそれで終わりにしよう。
本当はヘッドの塗装をしたいのだが・・・。
2003年11月14日 湿度管理
最近寒くなってきたので部屋のエアコンをつけると、とたんに湿度が下がる。
うかうかしていると40%を切ることもあるようだ。

普段弾くYAMAKIと28ECはケースにしまわず、スタンドにかけている。
それほど神経質になる必要もないと思うのだが、
使っていない加湿器を居間から持ってきて部屋に設置した。



自動運転の「標準」にセットすると湿度50%が保たれるようだ。
なるほど、エアコンをつけると作動し湿度計は50%を指している。
いい感じだが冬の間ずっとつけておくのも不経済だなぁ。
2003年11月13日 OVATION
昨日ヤフオクで落としたOVATION Celebrityが届いた。

OVATIONはネック折れとブリッジ剥がれに注意!ということは知っていたが、
短時間での入札→安価落札→イチカバチカだった。
幸い両方とも大丈夫なようだが、レギュラーチューニング時の12フレット6弦の弦高は4mmジャスト。
弾けないことはないが、ちょっと高いよなぁ。
ギターの性格から考えると2mm程度にしたいところだ。
ロッド、サドルを調節してみよう。
2003年11月11日 Unplugged
久しぶりにツタヤに行ったらクラプトンのアンプラグドのDVDが安く出ていた。
発売から時間が経ったものを廉価シリーズにして売るという、最近よくあるやつだ。3600円。
衝動買いしてしまった。
今までCDでしか聴いていなかったものを映像で観るというのはちょっと不思議な感じだ。
なかなかよかった。父親の書斎にあった真空管のステレオで聴いていた子供の頃を思い出した。



最近このページがギター関連の買い物報告になっている。
結局買い物しかしていない、ということか。
趣味のギターに不理解な友人からの野次が聞こえてきそうだ。
2003年11月10日 練習不足
最近新しい曲に全く挑戦していない。
ギターを再開した当初は感覚が戻るまで何曲か練習したのだが、ここのところサボり気味である。
拓郎のベスト版を手に入れてちょっと弾いたりする程度だ。
楽譜は豊富にあるのだからやらないと前進しないなぁ。

今日ついにヤフオクでOvationを落としてしまった。
土日に落とそうとしていたYAMAKIが高額になってしまって落とせなかったので、
その反動みたいなものか。
先日のガットギターも新しい弦を張るのがめんどくさくてケースにしまってしまったというのに・・・。

ギターを弾くことに興味があるのか、ギターそのものに興味があるのかどっちなんだ!
という自問自答の今日この頃である。
2003年11月4日 YAMAKI解体新書
YAMAKI解体新書にYW-20を載せていただいた。こうなるとオリジナルを保っていたいのだが、改造したい気持ちもある。とりあえず通販でグローバーペグを注文した。



新しいギターは買えないので気休め。
18GEが26万で落ちてたなぁ・・・。すんでのところで思いとどまった。
              Previous Next
  TOP © Natsuya