Guitar Diary 2006.1
              Previous Next
2006年1月23日 ナット
正月に宣言した月二回の更新。あやうくのっけから破るところだった。

年末に手に入れたチェコ製ギターのフォルヒG23-CRCT。気になる材の動きも今のところなく、順調に育っている様子。12フレット6弦の弦高は2mmちょっとでずっと変わらずだ。
ただし1フレットが少し高い。出荷時のものとしてはこれでいいのだろうが、もう少し下げたいところである。フォルヒのナットとサドルはタスク製で、既成のものをそのまま使っているのか一見均一な形状である。

子供の頃はサドルを削って弦高を下げるなどとは思いもよらない事で、ロッドをぎこぎこいじっては高い弦高を我慢して弾いていた。ギターを再開してからサドルもナットも消耗品で取替え交換自由と気付き、様々な素材を試しては楽しんでいるのだが、ナットだけは中々うまく作れない。

ヘッド側に平面を出して密着させる必要があるのに、斜めの面をきれいに出すのが大変難しいのだ。自宅で象牙の粉だらけになって作るものヒンシュクを買うので、あきらめ気味の今日この頃・・・。ナットをキレイに作れる人は本当に尊敬します(^^;

全く話しは違うが「制作」と「製作」の違いを今日初めて知った。主に芸術作品を作ることが「制作」で、工業製品は「製作」。私のまわりで言えば「広告」の場合ほとんどが「制作」となる。一般に「ギター製作」と書くことが多いようなので、楽器は工業製品ということになるのか。厳密にはルシアーによるものは「制作」で、メーカー製は「製作」とか。ご意見があればBBSで。
2006年1月1日 あけましておめでとうございます
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。



K-1の矢沢永吉もCDTVの中島美嘉もアコギだけのバックで歌っていた・・・
今年は平河地以来のアコースティックギターが盛り上がる雰囲気?

今年こそ、新しい楽曲を攻略します!
今年こそ、月に二回は更新します!
今年こそ、九州に行くぞ〜!
今年こそ、体積を(少し)減らします!
今年こそ、上の一個くらいは実現します!

みなさまが、なにより健康でよいギターライフのある年でありますように。
              Previous Next
  TOP © Natsuya