C.F.Martin OOO-28EC 2003年(9389** #76**)
2003年9月石橋楽器池袋店で購入。並行輸入ものの新品。アストリアスのE.C.カスタム取寄せて買おうとしていたのに本家を買ってしまった。 ASTURIASとの比較はこちら
5本試奏した同じモデルの中では断然鳴りが違い、ギターの個体差を実感した。指板が広いタイプで指弾向き。ネックはVシェイプという太めのつくりで手の小さい人には向かない。音の抜けが良くマイクを通しているのかと思うほど低音が響く。立ち上がりが速くボディ厚の割に音量が大きい。音も然ることながら眺めていても飽きない上品なつくりで、高い買い物だったが十分納得している。
サドルを削って弦高を約0.5mm下げ、ペグをWaverlyに交換。
 
トップ バック サイド バック
 
ヘッド Waverlyペグに交換 ネックセット ネックヒール
 
ブリッジ エリック・クラプトンインレイ 指板 ネック
 
エンド アイボロイドバインディング ヘリンボーントリム Corianナット
 
ラベル ブレース ブレース ブレース
 
  TOP © Natsuya