Profile
 
年齢
1966年生れ。
11歳上の姉と10歳上の兄から音楽の影響を受けた。
居住地
東京。
職業
新卒で入った会社に12年居たが、色々あって2001年に独立。同じ会社の仲間と起業した。Webアプリケーションの企画・開発管理をしているが自分でプログラミングはできない。
2005年から営業部門の担当になり30名の部隊を率いることに・・・。
ギター・音楽歴
小学校に上がった6歳から11歳までピアノの稽古に通わされていた。バイエル、ブルクミュラー、ツェルニー、ソナチネ、ソナタ・・・。手が大きく力があったので教師も期待していたらしい。豊島公会堂の発表会に出て演奏をレコードに録音した。



1977年、小学校5年の時に兄の影響で家にあったボロいフォークギターを初めてさわった。OかOOサイズでペグが取れかけていた。自分でハミングバードの風のピックガードを買って付けていた。
74年のレコード大賞が拓郎作曲の襟裳岬で75年がシクラメンのかほり。そういう時代の影響だった。

この頃、激しく抵抗してピアノの練習を拒否。やめてしまった。ただギターを始めた時に楽譜が読めたというのは大きいと思う。

1978年正月、お年玉でYAMAKIのギターを購入。姉や兄の楽譜があり60年〜70年代のフォークを弾いていた。吉田拓郎、井上陽水、かぐや姫、NSPなど。ストロークはもちろんいっちょ前にスリーフィンガーなどもこなし、小学生が弾くにしては結構な腕前だったと思う。隣に元ブルーコメッツのメンバーだった方が住んでいて教わった。

この話を会社の同僚に話したら全く信じてもらえず悶々としていた。ある時四谷荒木町の飲み屋「まさ吉」で偶然ジャッキー吉川さんに会って「ギターのハセが家の近所に住んでいてギターを習ったんですよ」と話したら「ハセかぁ懐かしいなぁ」と言われて証明された。

兄のコレクションで家にビートルズのレコードがすべてあった。父親の書斎にあった真空管のステレオで聴きまくった。クラプトンの「At His Best」というアルバムもあり「百獣の王ライオン」と同じで、「ギターの神様クラプトン」はすごいと思っていた。テープにダビングして何百回も聞いた。



初めて自分で買ったレコードは「結婚しようよ」と「雨やどり」。最初のLP盤はKISSの「ALIVE 2」。なぜかカセットでNSPのライブ版「NSPファースト」。サザンの「勝手にシンドバット」も発売後すぐに買った。ジャンルはバラバラだが子供の買い物ってこんなもんか。

父母会で大阪の三菱銀行猟銃強盗殺人事件を題材にした寸劇をやって、泉谷の「春夏秋冬」を弾き語りした。よく考えたらシュールだ。

卒業前の謝恩会ではクラス全員で西遊記の演劇をやり、エンディングにアコギ6台でゴダイゴのガンダーラを演奏。私は悪役でなぜか半裸姿。夏目雅子と堺正章の実写版「西遊記」が流行った年。



1981年、中学ではバンドを組んだ。ギター、ヴォーカルが私で、他にベース、ドラム、ピアノという構成。グレコのレスポールを隣りのお兄さんから長期間借りていて、文化祭でダウンタウンファイティングブギウギバンドの「Our History Again」という曲をやった。山田太一原作の大河ドラマ「獅子の時代」の主題歌になっていた曲だ。

フォークの3人バンド(アコギ2、エレキベース1)も別に組んでいた。アコギは姉のS・YAIRIを奪って使っていた。当時学内で人気のあった女の子に頼まれて、美術部の送別会に出演。NSPをリクエストされた。ギター演奏と紅茶とケーキ。眩しいなぁ。下心があったが実らなかった。

1982年、高校に行ってラグビー部に所属。軽音の奴らとは自然と離れていく。速弾きできる奴がウマイという嫌なムード。一気にギターから遠のいた。音楽の授業でエレキベースをちょっとやった程度。

ただし洋楽は流行っていたので結構聴いていた。小林克也の「ベストヒットUSA」を毎週見てレンタルしたレコードをカセットに録りまくった。ダイアーストレイツやスタイルカウンシルが好きだった。

1988年大学4年の時、クラプトンのコンサートに行った。東京ドーム。マークノップラーとエルトンジョンがサポートメンバーで超豪華。

1990年、社会人の2年目に社内バンドを組んだ。ベース担当。KISSやユニコーンなどを2年間。社内LIVEで渋谷「クロコダイル」デビュー。



2001年7月、会社を設立してお茶の水に事務所を構えた。楽器街が刺激的。

2003年8月、「朝まで歌つるべ」という深夜番組を見て「ギター欲しい」が爆発。K・YAIRIOOO-28ECを続けて買った。K・YAIRIは12月にオークションで売ってしまった。
 
Profile Digital Aristo Zukan
 
  TOP © Natsuya