WASHBURN D64SW 1979年頃
ワシュバーンD64SW。当時の最上位機種D66SWのすぐ下のモデルである。
例によって製作はヤマキ楽器で、バック・サイドの材以外はY60Dとほぼ同じ仕様である。

スプルースのトップに綺麗な杢の出たオバンコールのバックとサイド。ヘッド、ネック、ボディにめぐらされたバインディングはメイプル製のウッドで、ポジションマークは木象嵌。マホガニー製のピックガードは塗り込みになっている。ヘッドの付き板には通常バックの材を使うことが多いが、これはどう見てもオバンコールではない。ローズウッドだろうか。特徴のあるブリッジの形状も全く同じで、指板とともにローズウッドが使われている。ヘッドロゴはY60Dとは違いパールのインレイだ。ペグはトルク調整のないシャーラータイプロトマチックになっている。

スキャロップらしい大きな音で、例によってサウンドホールの付近を音がまわってしまっているような感じだが、このシリーズの特徴と言えるだろう。

YAMAKI Y60Dとの比較

WASHBURN D66SW
WASHBURN D62SW
 
トップ バック ヘッド ペグ
 
トップ ネックヒール ピックガード 指板
 
ブリッジ エンド ブレース ブレース
 
 
ブレース ブレース 刻印
Timber Ridge Custom
 
 
  TOP © Natsuya